So-net無料ブログ作成
検索選択

Mudcrutchのアナログ盤とオマケCD [アナログ盤]

CIMG3975.png

何から書いたらいいんだろう。

勿論「Mudcrutch」のアナログ盤と、そのオマケに付いてきたCDの話なんだけど、

ちょっとココまでの過程を少し?書かないと・・・

なんかあまりにも唐突過ぎるような気がして・・・書き出せません。

「Mudcrutch」とは何?って方は以前の日記

http://love-hurts.blog.so-net.ne.jp/2008-03-09

をご覧下さい。

私がこの「Mudcrutch」を皆さんよりほんの少し前に知る事が出来たのは、

全てこのDVDとヒストリー本のおかげであります。

CIMG3933.png

このDVDが厄介な存在だった。
昨年の秋口、TOM PETTYのオフィシャルサイトで存在を知ったが、
何せBEST BUYの独占販売(後にイギリスやドイツでは通常販売となった)
こういう時は・・・
年に4会以上アメリカに出張へ行かれる友の存在。
そう。皆さんお馴染みの「ベアトラックさん」である。

無理を言って出張中のニューメキシコ州のBEST BUYまで

わざわざ買いに行ってくれたことを、改めて感謝です!

この字幕もないDVDと、そのDVDを紙にした英語版ヒストリー本が無かったら

ここまで「Mudcrutch」に熱くなっていただろうか?(多分熱くなていた!)

CIMG3935.png
CIMG3934.png
ヒストリー本より。初出典の写真多し。 このハードカバーのヒストリー本は まだ若干amazonに在庫あるみたいですね。


Tom Petty and the Heartbreakers: Runnin' Down a Dream

Tom Petty and the Heartbreakers: Runnin' Down a Dream

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Chronicle Books
  • 発売日: 2007/10/25
  • メディア: ハードカバー




CIMG3936.png
DVD「Runnin' Down a Dream」に付いているポストカード。


TOM PETTYはデビュー30周年のローリングストーン紙のロングインタビューの際にも、自らの歴史の一部である「Mudcrutch」の再結成話を度々口にしていた。
そして2008年、オリジナルメンバーによって新たなレコーディングが行われた。

CDは4月末にリリースされ、遅れること約2ヶ月後にアナログ盤が発売となった。

CIMG3965.png
CIMG3969.png
裏ジャケは、明らかにトムさんの「好み」だろう。

CIMG3970.png
開いた中には・・・気合いの入ったヴィンテージツイードのFenderが。

余談ではありますがコレをウチ込んでいた7月15日深夜、突然ブラウザーがダウン。 完全に凹みました。8割型打ち終わっていたのに・・・ 幸い前半部はセーブしてあったから良かったけど、同じこと2度やるって 辛いっす。

ここからやり直し分です(笑)

CIMG3946.png
180g。今や常識になったようなグラム数だ。

CIMG3948.png
ラベルは・・・ご存知の方はニッコリ。おなじみのデザインだ。 「HIGH FIDELITY」の文字と手に取ったずっしり感がワクワクさせます。

今回はアナログ、通常CD、オマケCDを聴いてみるので・・・

数曲に絞りました。

「Shady Grove」「The Wrong Thing To Do」「Lover Of The Bayou」の3曲

アナログ盤はいい。やっぱいい。どの曲も定位がキチンとしていて、気持ちがいい。

特にドラムスとトムのヴォーカルを中心に、マイク・キャンベルとトム・リードンの

「オレがオレが合戦」は生々しく左右を分ける。

トムのヴォーカルが、ややマイク・キャンベルよりなのは・・・仕方ないか(笑)

音は塊のように迫ってくるが、輪郭がはっきりしているし、通常盤CDのようにカリカリしていない。

カーステレオやPCで聴く分にはクリアーな感じするし、全体のバランスの綺麗にまとまっている。

しかし、この綺麗な(平坦な)な音を嫌ってというか・・・

オーディオで聴くユーザーの気持ちを考えたトムとリプリーズの良心が

今回の重量盤に敢えて「オマケに付けた」CDだと思う。

このCDのことは事前の告知は一切なかった。

事前に告知されていない「オマケ」が付いてきたから驚きも大きく・・・

こんなCDらしい。
CIMG3973.png
「Full Dynamic Range Audiophile CD」
だそうだ。私の記憶・・・といか

私の持っているCDでここまで表記されたものは無い。

あえてアナログマスターをそのまま使い、アナログと同じ音圧で造られたCDなのです。

CDとしての音質向上って何んなんだろうって疑問が新たに湧きますね。

誰をターゲットにしたイイ音なのか・・・何をもって高音質なのか・・・

CIMG3971.png
表ジャケット:通常盤CDの内部で使われた写真。
CIMG3972.png
裏ジャケット:これも通常盤CDの内部の写真だが、トリミングが異なる。

アメリカではこの「オマケCD」と同じものがプロモーション用に配布されたようだ。

CIMG3949.png
左が通常盤。右がプロモ盤と同じ「オマケ」

そしてこの「オマケCD」は当初3500枚のみアナログとセットされる予定だったようだが、

昨今のアナログブームに伴い、この「Mudcrutch」のアナログ盤も

予約の段階で好調なセールスになると確信したレーベルサイドはプレス枚数を増やしたそうだ。

果たしてどれくらいの「オマケ」がセットされたアナログを市場に出すのだろう。

今回のこの企画は、あたかも「マニア向け」っぽい仕掛けだが、

実際には、音楽を配信のみで購入したり、

PCやiPodのみで聴く世代へのレクチャーのようにも取れる。

最初から高いレンジで制作されたCDや圧縮された音源と、

アナログマスターのレンジで造られたCDは、PCやラジカセ、MP3に変換した音などで

比べると通常盤の方が音が大きい。というか・・・痛い。

ボリュームをあるレベルまで上げてしまうと確実に「音が割れる」

大音響でも割れない音こそオーディオにふさわしい音源だと思う。


どのクラス、どのくらいの価格帯から胸張って「オーディオ」と言えるのかは

疑問である。上をみたらキリがない。

私レベルの「ステレオ」でも十分に鳥肌だ出る「Mudcrutch」

アナログは家用。「オマケCD」は車で大音響用にしよう(笑)

ターンテーブル無しのミニコンポや、ラジカセ派の人でも

「Mudcrutch」のオマケ付きアナログは買う価値・・・・

「アリだと思います」




Mudcrutch [Analog]

Mudcrutch [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Reprise
  • 発売日: 2008/06/24
  • メディア: LP Record




「Mudcrutch」はご存知の通り通常盤も普通にイイ音ですし、配信もやっています。

8月6日には国内盤も発売されます。

クラシックなロックを・・・・

最新の音&最良の音を提供してくれた「Mudcrutch」

今後こうした形態が増えてくれたら嬉しいと思っています。





nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 9

MASA

う〜ん、実に悩ましいブツですなあ。
トム・ペティ関係は今までほとんど聴いてないけど、マニアックなブツとして興味はあるという(笑)。

一応アナログを「欲しいものリスト」に入れときましたが、実際買うかどうかは今後の予算次第ということで^^。


by MASA (2008-07-16 01:05) 

PETTY

トム・ペティは聴かず嫌いな方多いですよね。
なにせ私も「嫌い」でした。大好きなウエストコースト系のミュージシャンと拠点も同じだしジャクソン・ブラウンとの交流があっても肌に合いませんでした。「FULL MOON FEVER」からなんですよ、トムペティが聴けるようになったのって・・・・
「やっぱりなぁ〜」って感じでしょ?(笑)

全てはジョージ&ジェフ・リンなんです・・・私って。

買っておいて損は絶対無いとアナログだと思います。
by PETTY (2008-07-16 10:50) 

ベアトラック

お呼びでしたね(笑) いや~、照れますって。
来週からまたニューメキシコ州に出張なので、今度こそ自分の分のDVDを購入せねば・・・連泊するモーテルは、またBESUT BUYの近所なので。
by ベアトラック (2008-07-16 11:29) 

PETTY

もう出張ですかぁ〜。
是非DVDゲットしてきてください。
by PETTY (2008-07-16 18:22) 

northernisland

こんにちは、やっと本館アップですね。ご苦労さまです。うちにもやっときましたよ~。まだ開けてませんが、今夜あたり暑さに負けず、アツ~イ試聴会をやろうとおもっております。 オマケは、、、、、付いてました。 北島商店のI
by northernisland (2008-07-17 13:31) 

PETTY

北島商店のIさま
暑いですねぇ〜。
昨日車で2回も北島商店さんの前を通りました(笑)

通常盤のCDを持っていれば「オマケ」の威力がより鮮明です。
もし、無かったら・・・最近の音がイイと言われるCDを一番良い状態で再生し、同じセッティングで「オマケ」聴いてください。
音が小さく聞こえます。そのままボリューム上げてください。
CD独特のクリアだけどイライラする感じはまったく「オマケ」にはありません。しかもローノイズ。
この「オマケ」は驚いちゃいますよ。

by PETTY (2008-07-17 14:00) 

northernisland

う~ん 楽しみです。聴いたら感想コメントします。北島商店のI
by northernisland (2008-07-17 14:13) 

northernisland

こんにちは。レポ遅くなりましてスミマセン。何せこの暑さで、ウチはまだつけないでガマンしているのですが、近隣のエアコンなどで、電源事情が悪化しているので、どうせ聴くなら少しでもいい条件でと、思いまして。
 CD最初は正直アレッ?というカンジでした。最近のリ・マスターみたいに、メリ・ハリのあるサウンドを想像していたものですから。聴き始めは物足りないとおもいましたが、やがてこれは”まろやか”で”透明感”のあるサウンドのせいだとかわりました。夜はあまり大きな音で聴けないので、昼間にPETTYさまに言われたように、ボリュームを上げると、その差がはっきりします。 こういうBANDでも、ゴリゴリのサウンドではないとこが、オトナなとこなんでしょうか。
 あとアルバムの裏に”NO HEADPHONE"と記載されているのも、気に入りました。個室に籠もってヘッド・フォンしてパートごとに録るんじゃなくて、みんなで演ってる雰囲気が伝わってきました。
 聴くほうも、ちゃんと手間かけて聴かねばですね。最近は、アイ・ポッドなどで聴くことを前提にマスタリングされた作品も多いようですが、私はそういうのダメですね。和久井光司も、携帯プレーヤーでは絶対に伝わらない音楽がある~なんてこと言ってました。
 内容も、シンプルなロックでよかったです。スプリングスティーンが歌ってもよさそうな曲もありました。ボキャ不足なので、この辺はPETTYさまにおまかせです。
 本館ぽく、クドクド書いて(笑)スミマセン。

 北島商店のI
by northernisland (2008-07-24 12:50) 

PETTY

北島商店のI 様
待ちこがれていましたわ。
販売用のCDはメリハリサウンドですね。あきらかに一般用だと思います。オマケは音圧が無さそうで、その実、ボリュームを上げて聴くことを前提にしたマスタリングなんでしょうね。この「オマケ」正直素晴らしいCDだと思います。「Lover Of The Bayou」なんてまさにスタジオでの一体感がゾクゾクするくらい伝わりますね。この辺りのこだわりはソロ名義の2ndアルバム「Highway Companion」のサウンドメイクにも現れていて面白いです。
こちらも機会があったら是非聴いてみてください。
圧縮データがあたり前のこの時代に、よくぞここまでお腹にズシンとくるサウンドを再現してくれたトムさんの発想はすばらしい。

北島商店のI はキチンと聴いてくれたみたいで嬉しいなぁ
トムの替わりにお礼が言いたい感じ。
同じ興奮と衝撃が共有できてホント良かったです。
クドい本編へのクドいコメントには、クドいレスがもれなく付いてきます(笑)
by PETTY (2008-07-24 13:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。