So-net無料ブログ作成

アサイラムレコード レーベルの話を… [アナログ盤]

ASYLUM
住所の謎の研究

初期ASYLUMのアーティストがお好きな方なら、やはり手に入れたいのは通称『ホワイトアサイラム』。
US盤にこだわりたい方ならリムに印刷されたこの住所ですよね。

MFG. BY ATLANTIC RECORDING CORP., 1841 BROADWAY, N.Y., N.Y.

01.jpg

ホワイトアサイラムの時期はATLANTICの傘下なのでこの住所も目印です。


通称『クラウズアサイラム』になった1973年はWarnerに売却されてElektraと統合されたためにリムの表記は変わります。

ASYLUM RECORDS Mfg. by Elektra/Asylum/Nonesuch Records, A Division of Warner Communications, Inc., 15 Columbus Circle, New York, N.Y. 10023

03.jpg


この1973年…実に厄介。
ASYLUM最大の変換期でもありカタログナンバーが『SD』でありながらホワイトアサイラムではなくクラウズだったりして。

そしてさらに厄介事が。
住所表記です。僅かな期間(おそらく2カ月間)だけ
ASYLUMの当時の所在地がリムに入ったものがあります。

9120 SUNSET BLVD., LOS ANGELES, CALIF. 90069

02.jpg


海外のサイトのデータベースを参考に調べると、7インチに関してはAS 11023 ~AS 11025の3種のみが『SUNSET BLVD』の住所のようです。


■Jackson Browne/Redneck Friend(73年9月)

■Ned Doheny/On And On(73年9月)※写真3

■Eagles/Outlaw Man(73年8月)

そうなんです。この3枚は73年発売のシングルなのですが
73年1月のBatdorf And Rodneyから同年8月のDavid BlueまではATLANTICリム、そして10月のLinda Ronstadtからは『Elektra/Asylum』リムになります。

下記3種の『SUNSET BLVD』リムの7インチでも

AS-11023
Jackson Browne/Redneck Friend
(クラウズ通常盤)
プロモ盤はATLANTIC住所

AS-11024
Ned Doheny/On And On
(クラウズプロモ盤、通常盤は未確認)

AS-11025
Eagles/Outlaw Man
(クラウズ通常盤)
プロモ盤はATLANTIC住所

『FOR EVERYMAN』にホワイトアサイラムは存在しませんが、
『NED DOHENY』と『DESPERADO』に関してはホワイトが主ですが、クラウズのSD品番が存在するためややこしいのですが
Eagles/Outlaw Manのようにプロモ盤はATLANTIC、通常盤はSUNSET BLVDリムなんて事が生じています。

おそらく7インチ同様にアルバムも『NED DOHENY』と『DESPERADO』はSUNSET BLVDリムが存在するようですが
未確認です。

※『『FOR EVERYMAN』にホワイトアサイラムは存在しません』はUS盤を指します。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

paddies

最近は沈滞気味のレコード収集ですが
ときめきます♪
特にアサイラムはアップルがそうであるように、やっぱり特別な憧れのレーベルですからね
ワクワクしてしまいます!

by paddies (2016-01-25 07:18) 

AKIRA

1st研究もかなり進化してきたのでそろそろまとめ直しをしなければと思っております。
by AKIRA (2016-01-26 23:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。